そもそも包茎とは

男性の大きな悩みの一つに、包茎というものが存在してきます。
この包茎というのは、男女問わず、誰もが知っていることでしょう。

この包茎というのは、日本人男性の約6割~7割は何かしらの包茎だとされています。
そこまでの人数がいるのであれば、そこまで悩む必要はないのではないかと思われますが、実際に包茎の人にとっては、そんな簡単に受け流すことができないのが包茎の特徴ではないでしょうか。

そもそも、この包茎というのは大きく3種類に分けられてきます。
「真性包茎」、「仮性包茎」、「カントン包茎」の3種類になってきます。
一番多い包茎というのが「仮性包茎」であって、正直日常生活には何ら支障はないといってもいいでしょう。
この包茎というのは、ペニスの亀頭が包皮に覆われた状態で、亀頭が露出されない状態のペニスを包茎といいます。
この包皮というのは、そもそも亀頭を守るために存在していまして、産まれたときは全員が全員亀頭は包皮に覆われています。
産まれたときはみんな包茎だということです。
体が大きくなると同じように、ペニスも大人になるにつれて成長していきます。
その成長したペニスはもちろん幼少のころより大きくなり、包皮も自然と剥けてくるのが自然の摂理になります。

このペニスの成長が思うように成長しなかったり、余分な皮も縮むことができなかったのが、そのまま包茎へとつながってくるのです。
女性でいえば、バストの大きさと同じようなもので、バストの大きさは人によって異なるように、ペニスも人によって形状が異なるということです。

Copyright © 2014 包茎の基礎知識 All Rights Reserved.